神保町映画祭とは

神保町映画祭とは「 映画づくり」と「街づくり」が融合した
新発想の短編自主制作映画コンペティションです。

学生街、本の街として栄えてきた神保町。
この神保町のある千代田区の「神田地区」はその昔、
映画館が10館もある「映画館の街」でした。

そして神保町には今も尚、映画ファンを魅了する個性的なミニシアターが2館もあります。
ミニシアターの草分的な存在、岩波ホールに、2007年にオープンした神保町シアター。

どちらの映画館もいわゆる大手配給会社のチェーンに属さず、
映画館独自で選んだ作品を上映しています。
そんなミニシアターの街・神保町で新しい潮流を起こしたい。

笑える、泣ける、心動かす良作との出会いの場をつくり、
神田の味わいある街の魅力を伝えるとともに、自主映画ファンの開拓。

一歩一歩ではありますが、そんな映画祭をの実現を目指し
日々活動しております。

2016年は11月に「第2回神保町映画祭」を開催予定です。

2015年に開催した第1回神保町映画祭の様子はこちら
2014年に開催した第0回神保町映画祭の様子はこちら

 

めざしている活動

めざしてる活動(1)

映画制作のお手伝い(ロケ地交渉、エキストラ手配、サントラタイアップ)

めざしてる活動(2)
新たな地域コミュニティ形成とコミュニケーションの機会づくり

めざしてる活動(3)
街の記憶を映像に!失われていく街並みを映画に残す、映像に残す

めざしてる活動(4)
自主映画の普及啓発、ファンの開拓

めざしてる活動(5)
映画づくりワークショップで能動的に映画にかかわる
→制作裏を知ることで、映画への関心をもってもらう
→教育・生涯学習など制作過程の副産物的効果

Copyright© 神保町映画祭 公式ウェブサイト , 2018 AllRights Reserved.