新着情報

【観客募集】ドキュメンタリー映画「Life生きてゆく」上映会

更新日:

今年で9年をむかえる東日本大震災ー。

津波の被害にあった南相馬市のある一家を5年半にわたり追いかけたドキュメンタリー映画「Life生きてゆく」の上映会を開催します。

上映後のティーチインでは笠井監督をお迎えし、撮影当時のお話や現在の被災地の状況など質疑応答の時間をご用意しております。

▼作品詳細はこちら
「Life生きてゆく」公式サイトhttp://life-movie.main.jp/


開催日:3月14日 (土)
会場:コトブキシーティング株式会社(地下ショールーム)
時間:13: 00 (開場)
※終了予定時間16:00

募集内容

対象:千代田区在住、在学 (小学校6年生以上)
定員: 70名 (先着順)
〆切: 3月6日まで(定員集まり次第)

◎申込フォームはこちら

当選発表: 3月8日 (日) までにメールでお知らせします

監督・撮影・編集 笠井千晶(かさい ちあき)

【職歴】
1998年入社の静岡放送では、報道記者として県警や行政の記者クラブに所属。現場取材の経験を積む。死刑囚の再審請求事件「袴田事件」と出会い、ドキュメンタリー番組「宣告の果て」を制作。2006年に静岡放送を退社後、ニューヨーク留学を経て名古屋の中京テレビに勤務。報道ディレクターとしてニュース取材に携わりながらドキュメンタリーを制作。司法の問題に関わる作品が多い。2015年4月、独立。

【震災後の東北にて】

2011年、東日本大震災後の東北で撮影開始。中京テレビの報道現場で働きながら、毎月休日には一人で、名古屋から東北を訪問。福島県南相馬市を拠点に福島第一原発30km圏内での記録を継続している(名古屋・静岡から東北への訪問は130回以上)。
独立後、長編ドキュメンタリー映画「Life 生きてゆく」を完成。2017年より公開。
2018年5月、第5回 山本美香記念国際ジャーナリスト賞受賞。

-新着情報

Copyright© 神保町映画祭 公式ウェブサイト , 2020 AllRights Reserved.