作品応募

第3回 神保町映画祭 作品募集概要

■募集テーマ「願い」
■応募期間:2017年4月1日(土)~2017年7月1日(土)(必着)
■参加費:2000円(1作品につき)

◆応募資格◆
・募集テーマ「願い」にあった内容の作品。
・国内で制作された30分以内(エンドクレジット等を含む)のオリジナル映像作品
・ジャンル、新作旧作、受賞歴およびプロ・アマ不問
※但し、自主制作映画であること。
※受賞作品は出品した映画祭の名称・年度を必ず明記。
・本映画祭での上映に関する権利等の調整・手続きを済ませていること

◆応募形式◆
・DVD(DVD-VideoフォーマットNTSC方式、
またはブルーレイ形式、アスペクト比16:9、4:3)
・WEB受付の場合は事前に動画投稿サイトへのアップロードが完了していること

◆応募方法◆
応募方法は郵送およびWEB受付をお選び頂けます。

*WEBからの応募*
1.参加費をご入金後に応募フォームよりエントリーしてください。
2. 予め応募したい作品を動画投稿サイトへアップロード頂き、視聴可能なURLを応募フォームの“作品公開URL”項目にご入力ください。

(注意事項)
ノミネート作品については、上映品質を一定に保つため、DVDまたはブルーレイでの提出をお願いする場合があります。
また10月14日(土)~11月30日(木)までの間、インターネットでの作品公開を一時的にお辞めいただけるよう予めお願い致します。
またコンペティション終了後も、映画祭関連イベントまたは地域イベントでの上映機会をと考えておりますので、ご希望の方は選考用URLを視聴可能状態にして頂れば幸いです。

*郵送での応募*
1,応募規約に同意の上、参加費を入金してください。
2.応募用紙をダウンロードし必要事項をご記入の上、作品(DVDまたはブルーレイ)と一緒に郵送してください。
※応募ディスクは本編始まる前に5秒黒画面を入れてください。

◆参加費振込先◆
銀行名:三菱東京UFJ銀行 神保町支店
口座番号:普通 0666112
口座名義:ジンボウチョウエイガサイ

◆応募規約◆
・申込から6/30までに入金確認が取れない場合は、申込無効となりますので 予めご注意ください
・1作品につき1メディアに収録し、1作品ごとに応募用紙を添付して下さい。
     ※WEB受付の場合は作品毎にエントリーをすること
・応募作品メディアは返却いたしません(コピーにて応募してください)。
・作品応募は、作品権利者または権利者から委託を受けた者のみ可能です。
・ノミネート作品について、映画祭PR用映像として予告編の提出をお願いしております。
・作品は応募者本人に著作権が帰属していることが原則です。
使用されている音楽や映像の著作権および肖像権など、制作者以外に権利があるものは必ず事前に許可を取得してから、ご応募してください。
・応募作品の権利は制作者にあります。
ただし全ての応募作品は本映画祭の審査のための上映および一般上映を無償で行います。
また映画祭PRのための、告知・イベント等に本編映像の一部を使用させていただく場合があります。
・映画祭、もしくは審査、映画祭に付随するイベントに限定した使用目的でのみ作品のコピー、データ化を行う場合があります。(DVDのコピーガードは解除した状態にしておいて下さい)
・日本語以外の言語による作品は、日本語字幕もしくは日本語吹き替えを作品自体につけて下さい。
・作品の内容が1~3に該当すると主催者が判断した場合、審査の対象外となります。
1.公序良俗に反する内容が含まれる作品
2.第三者の著作権、肖像権その他の権利を侵害する内容が含まれる作品
3.第三者を誹謗中傷、または不利益を与える内容が含まれる作品
・不測の事故による損傷・紛失については主催者は一切の責任を負いません。
また、第三者からの権利侵害・損害賠償がなされた場合も主催者は一切の責任を負いません。
応募者本人の責任と負担で対処してください。
・応募にあたり提供いただいた個人情報は、応募作品の問い合わせ、選考結果通知、
映画祭や関連イベントの案内送付に利用し、それ以外の目的に無断で使用することはありません。
・選考過程・選考基準についてのお問い合わせは一切受け付けられません。予めご了承ください。

 

◆作品の送付先およびお問合せ先◆
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-1林ビル3F
時々Gallery Sonia内 神保町映画祭実行委員会 事務局コンペ受付係

WEB受付:応募フォームより送信

 

◆審査方法と各審査会の説明◆
予選審査会の審査により第3回神保町映画祭ノミネート作品を決定します。
その後、各審査会によって受賞作品を決定。但し「まちのひと審査会」のみ賞の決定は行わず、
ノミネート6作品の選定を行い、映画祭1日目の観客投票によって、まちのひと審査会賞の決定を行います。

まちのひと審査会とは
「まちのひと審査会」は、地域の活動団体からの協力のもと、「まち」に関わる地縁者様による審査会です。 地域にお住いの方、働いている方、告知によって参加される方、この審査会によって、映画祭1日目に上映されるノミネート6作品が決定します。

学生審査会とは
首都圏21の映画研究部、映画研究会、映画サークルが所属する「首都圏映画サークル連合」の選抜メンバーによって構成される審査会です。

特別審査会とは
映画、映像制作に携わる有識者数名で構成される審査会です。
本年度:マンタム(美術家)/久那斗ひろ(プロデューサー)/深田晃司(映画監督)/杉本桃花(女優,モデル)ほか

◆選考結果のご連絡◆
第3回神保町映画祭での上映が決定した作品については、E-mail にてご連絡いたします
ノミネート作品の公表は、第3回神保町映画祭の開催日から1ヵ月程前に公式HPなどで行う予定ですが
応募状況により多少前後する可能性がございますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

公式WEBサイト: http://www.jmf.tokyo

◆ 各部門賞(賞金総額20万円)
・まちのひと審査会賞:賞金5万円、賞状、1年間の宣伝協力
・学生審査会賞:賞金5万円、賞状、1年間の宣伝協力
・特別審査会賞:賞金10万円、賞状、1年間の宣伝協力
※宣伝協力…SNS、公式ブログなどで、上映情報などの告知協力を行います

 

第3回神保町映画祭エントリーシート(pdfファイル)
Adobe Acrobat ドキュメント 213 KB

Copyright© 神保町映画祭 公式ウェブサイト , 2018 AllRights Reserved.